ひとつひとつ使ってみて暮らしに潤いを与えてくれるモノをセレクトしました。

 

sunawo na katachi

滋賀の自然が豊かなマキノ町在住の作家さんです。
木の素材を生かした、とても素敵なブローチです。
お洋服以外にも、帽子、バック、カゴバック、スカーフなどに付けて頂くと、可愛くて、優しいアクセントになります。ひとつ ひとつ ハンドメイドのため、少しづつ表情が違います。http://sunawo.petit.cc/

 

 

 

 

 

 

 

 

fumiko ueda1

上田文子作品

神奈川で「工房ウールワーク」を主催され、ウエダ編物教室を開かれている上田文子さんの毛糸作品を常設でご紹介しています。
イギリス・フェアアイル島の伝統的な編物の先駆者、シェトランドレースの第一人者であり、確かな技術と丁寧な手仕事に定評ある人気作家さんです。

 

 

 

perfect_tea

CAMPBELLE’S perfect TEA

1797年にアイルランド・ダブリンで創業したThe J&G Campbell’s社の看板商品として生まれました。ノスタルジックなイエローの缶は、ほぼ当時のまま。現在は、ダブリンにあるRobert Roberts社がそのブランドを守り続けています。近年では、英国の優れた食品に贈られる賞、「Great Taste Awards」受賞。茶葉はアフリカ・ケニア産。アッサム種に近いケニア独特の品種で、CTCと呼ばれるロコロと丸い茶葉が特徴です。マイルドでコクがあり、ミルクによく合う紅茶です。

 

tea-corzyORIGINAL TEA COSY

厚手のリネン生地にたっぷりの綿が挟まれているので、保温力は抜群。大きめのティーポットにも使えます。表地はキャンベルズティーの缶と相性のよい、リエージュ(コルク)色。内布は、薄いグレー地に白いピンストライプです。

http://www.tea-treats.com/

 

 

 

tea-shopping-bag

edith & bob

イギリス・ニューカッスル近郊の田舎町に住む、イギリス人カップルによるブランド。ブランド名は、カップルの女性、アリソンさんのおじいさんとおばあさんの名前です。トラディショナルな英国料理やお菓子を愛した祖父母との思い出が、edith & bobのクリエーションの源です。ポリフォニーではショッピングバッグ、ティータオル共に、<TEATIME>,<REGIONAL>の2柄を用意しました。

 

tea-towelイギリスでは、いわゆるキッチンクロスのことをティータオルと呼びます。アフタヌーンティーなど、紅茶文化に根付いたイギリスらしい呼び方で、実際にティータイムには欠かせないアイテムです。キッチンクロスのように食器を拭くのはもちろん、テーブルやトレイに敷いたり、かごのカバーにしたり、使いみちは色々。<TEATIME>は、お茶のお供となる英国菓子の可愛いイラスト満載、<REGIONAL>は、英国の郷土料理のイラスト色々。   知らなかった食べ物に目を凝らしながら、想いはイギリスへ。

 

 

Polka VaselinePolka Vaseline

北欧の厳しい環境から肌を守るため、長い間愛されてきたワセリンです。無着色・無香料・防腐剤無添加のピュア、カモミーユの香りハーブエキス入り(トウキンセンカ花エキス配合)の2アイテムで乾燥した部分・手・脚など、お肌全体の保湿ケアに最適です。北欧らしい可愛いデザインのコロンとした容器になって新登場! バッグに忍ばせて、使うたびに楽しくなります。

 

 

 

マチャップ文具店

関西、関東、中部各地の手作り市で精力的にワイヤーオブジェ(カーボンライン)作品を展開されているマチャップ文具店足立欣也さん。2年前にお会いして以来の念願が叶い、足立さんのご協力を得てようやくpolyphonyにささやかですが常設スペースを設けることが出来ました。自在にニッパーを操り、カメラ、楽器、太陽の塔など身の回りの様々なものたちから、アニメ、SFのキャラクターまで細いワイヤーはみるみるうちにポエムのあるオブジェに変身!!matchupbunguten

 

pp_coffee640x480

POLYPHONY COFFEE

高品質な珈琲を追及されてこられたKYOWA’S COFFEEさんのご協力を得て生まれたORIGINAL BLENDです。ブラジル、コロンビア、グアテマラ、インドネシア産の豆が奏でるポリフォニーのように、コーヒー生産国の豆たちが美味しく重なり合い、香り・酸味・コクが上手く調和しました。心地よいメロディーが流れるように、心も和む味わいです。

 

original canned coffee

可愛いポリフォニーデザイン缶入りコーヒーです。
ギフトアイテムとしても最適です。
是非ご賞味ください。

 

 

 

 

 

suzuki1_640x480

陶芸作家 鈴木正彦氏

お願いにあがって、作っていただいた黒釉スープカップと堅手八寸皿です。鈴木さんは加守田章二氏、江崎一生氏等と親交のあった名工小川幸彦氏の最後の内弟子として修業された後、信楽中郷窯で作陶に専心してこられました。卓越した轆轤技術によって穴窯焼成の焼き締めから多様な釉調のうつわまで、毎回新作が楽しみな作家さんです。

 

suzuki3_640x480

1967.滋賀県信楽町生まれ
1990.大谷大学史学科卒
1991.京都府立陶工高等技術専門校卒
1992.同校 研究科卒
1992.静岡 天恵窯、小川幸彦氏に師事
1995.信楽にて作陶を始める
1999.東京「宙」にて個展隔年開催
その他、個展、グループ展等で活動

 

hakusan1_640x480

白山陶器

長崎県波佐見に1779年創業、その後1951年より現在の基礎が築かれ、デザイナー森 正洋氏の下で数々のグッドデザイン賞を受賞してこられたモダンデザイン・テーブルウェアのパイオニアです。伝統の波佐見焼磁器とモダンデザインを見事に融合させ、現代生活にフィットした実用的で美しいうつわを作り続けておられます。

http://www.hakusan-porcelain.co.jp/about.html

 

 

seiyou640x480

九谷青窯

若い作家さんを擁して、九谷焼の伝統を踏まえつつ北欧モダンに通ずる色絵磁器ラインが人気の窯元さんです。ポリフォニーでは控えめながらも愛らしく、盛るものを美しく引き立てる白磁で統一してみました。木の家具にしっくり馴染み温もりを感じさせるうつわたちです。